遺産相続と相続相談について

不動産基本的に親御さん等の親族がお亡くなりなった時、自身が法定相続人である場合は親御さんの遺産を相続するかどうか決定しなければなりません。例えば不動産です。親御さんがお亡くなりになった時、実家が持ち家であればそれを相続します。一般的に法定相続人は複数名いるという方が多いので、その不動産を分割するために売り払う人もいます。もし法定相続人の中でその不動産で生活をしている人は、話し合いをしてどのような分割するのかを決めることになります。

相続できる遺産は不動産だけでなく車や被相続人が所有する株式なども含まれることになります。分割は法律にのっとって行いますが、遺言書などがあるご家庭では遺産分割をする時にそれを参考にすることもあります。

また、相続をする時は相続税を支払うことが求められます。相続税は引き継ぐ遺産の総額などによっても異なります。例えば遺産の総額が1000万円の人よりも1億円の人の方が多く相続税を支払うことになるでしょう。

このように相続をする時には相続する遺産の把握、法定相続人の確認、相続税の申告などを多くのことをしなければならなります。実際に相続をする人の中には初めて相続税を支払ったりしなければならない人もいるので、サポートを得たいと考える人も少なくないでしょう。サポートをしてくれる専門家は司法書士、弁護士などたくさんいますが、申告までサポートしてほしい人の中には税理士を選択する人も多いです。今回は税理士に相続相談をするメリットを紹介します。